孝悌忠信

Read Article

薪ストーブの温もり

我が社では、お客様の家に薪ストーブを採用させて頂く事が多い。
此は、自然素材を扱っている特徴かもしれないが、お客様が家の中でも自然にふれあいたい、
火を見て過ごしたいという声が多いからだ。

しかし、自分自身、展示場やキャンプなどで薪ストーブを使う事は多くあっても、自宅には薪ストーブを入れておらず、やはり本当のお客様のお悩みや困り毎が分からないと思い、昨年末、自宅に薪ストーブを導入しました。

薪ストーブを導入してみると、予想以上に暖かく、エアコンは体が温まっても、足下は寒いのだが、この薪ストーブは足下からぽかぽか。
暖かさの質が全く違う。

立上りも早いし、暖気のムラも意外と少ない。
慣れた人間だと、着火も、薪の継ぎ足しも問題無いが、今まで触れたことがない人だとやはりここのハードルは高いらしい。

家内は、着火に苦労し、ストーブの温度や室温がなかなか上がらない・・・。と困っている。
私からすれば、なんで?って思う事ばかりだが、薪や、火に触れたことがないと此が普通なのだろう。

そう思うと、ふと今までのお客様が困らずに使っているかが無性に気になりだした。

今まで自分の普通が、お客様の普通でない場合、お客様は、「騙された」とか「なんで?」ってなるのだろう。

やはり、自宅に付けてみて初めて分かることもある。

こういう、一つ一つを大切にして行きたい。と改めて思った瞬間でした。


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント